FC2ブログ

今が大事!主要5科目

2020.11.07.14:30

皆さんこんにちは!
公務員合格者アドバイザーのT.Mです(^-^)/
今回は専門科目の主要5科目
について書きたいと思います。

*ながーーーくなるので空いた時間で是非

ちなみに専門主要5科目とは、
法律系3科目(憲法、民法、行政法)と
経済系2科目(ミクロ経済学、マクロ経済学)の5科目を指します。

※専門科目には他に政治学、行政学、財政学、
経営学、社会学(いわゆる学系科目)がありますが、
今の時期はまだ講義を聞くぐらいで大丈夫だと思います。
(学系科目は、ほぼ暗記のため追いつきます!)

では、各科目について、一例として私の勉強方法を紹介します!

憲法
始めに勉強するからなのか、例年多くの受験生が
得意としているので、本番では必ず取ってほしい科目です。
憲法は主に人権分野と統治分野に分かれますが、
今の時期は暗記要素の強い統治分野よりもしっかりとした
理解が求められる人権分野を中心に勉強することをおすすめします。
私もこの時期は解きまくりを数周していましたが、
人権分野の理解を中心に勉強していました。
(なんで合憲・違憲なのかまで覚えました。)

民法
条文が複雑な上、事例も多く例外も存在することから
苦手にしている人が多いのではないのでしょうか。
自分も苦手意識がありました。
また、他の科目と比べて出題範囲が膨大なことから
本番までに覚えきれるか不安な受験生も多いと思います。
中には科目ごと(民Ⅱ捨てようかな等)捨てることを
考えている人もいるかもしれません・・・
ですが、民法を科目ごと捨ててしまうのはおすすめしません!
(これは、全ての科目に言えます!!)
何故なら、民法はどの試験種でも圧倒的に出題数が多いからです!

例えば・・・
特別区:10問出題(選択解答、40/55題)
国家一般職:10問出題(選択解答、40/80題)
地方上級関東型:6問出題(選択解答、40/50題)
裁判所一般職:13問出題(必須解答、30/40題)

そこで、メリハリをつけて、得意分野を作ることをおすすめします
なお、各試験種ごとに出やすい分野と出にくい分野があるので、
解きまくりの冒頭部で一度見てみるとよいと思います。

民法は全部を完璧にこなそうとせず、得意分野と簡単な問題を
しっかり取る!という意識で勉強してみて下さい。
(安定して得点できるようになれば他の受験生と差がつきます!)

行政法
今の時期はまだ講義を全て聞いていない。
という受験生も少なくないのかな、と思います。
細かな暗記事項がとても多い科目ですが、
丸暗記で全て対処するというのは少し厳しかった経験
があります。そこで、判例などの具体的なイメージを持って
勉強してみるのをおすすめします。
私は受験時、判例を簡単にまとめて覚え、
それを元に条文を覚えていました。また、毎年のように
よく出題される判例や条文があるので、一度覚えれば
安定して得点できる科目でもあると思います。

ミクロ経済学・マクロ経済学
講義を受け終わった人、あと少しで終わる人、
様々な状況の人がいると思います。
この科目は理解するまで本当に良くわからないんです。
(計算ある、人名ある、暗記ある、、、)
私の経験では、かなり差がつく科目だと感じます。
1人ではなかなか難しいため、
講義+高坂先生HRに出席して欲しいのです!
(詳細は以前あげたブログを参照してください)
時間が合わなくて見れない人はレジュメだけでも
もらってください。解きまくり1問ごとの丁寧な解説付き
なので理解が早まります。
最初の数周はこんな感じなんだーと答えを見ながらやり、
4,5周目から何も見ないで解きました。

どの科目も非常に多くの事項を覚える必要があります。
でも、1度覚えてしまえば得点源にすることも出来ます!
まずは年内に主要5科目の解きまくり3周(春からの人)・
1~2周(夏以降からの人)を目安に勉強してみましょう!

より詳しく勉強法についてききたい、勉強スケジュールを
一緒に立ててほしい・・・など、何か少しでも疑問や不安が
ありましたらぜひ相談ブースの方にきて下さい!
お待ちしています
スポンサーサイト



本試験どの順番で解いたのか

2020.02.23.15:00

皆さんこんにちは!
合格者アドバイザーのE.Mです!
今回は、私が本試験(特別区)ではどの順番で解いたのかご紹介します

教養試験
①文章理解 25分
②知識系   20分
③数的処理  70分
④見直し    5分

①まずは文章理解から解き始めました。
現代文は得点源だったので、丁寧に解き確実に点数に繋げることを意識しました。
英語は苦手だったので全て運に任せました。(絶対にマネしないでください笑)

②次に知識系の問題を解きました。
時事、生物、地学などしっかり勉強した科目には時間をかけ、
他の問題は時間をかけずに解くように気をつけていました。

③苦手な数的は1番最後にしました。まず全ての問題を一通り見てできそうな問題から解きました。
数的は難しい問題で時間を使いすぎてしまう人が多いので、
何分以上たったら次にいくなどルールを決め、落としてはいけない問題を確実に得点しましょう!

④マークミスがないか丁寧に確認しました。

専門試験
法律科目→学系→経済
専門科目は基本前から順番に解きました。
時間がかかりそうな経済の計算問題などは、後回しにしました。

皆さんも過去問や模試を活用して、どの順番で解くのが自分に合っているのかを確めてみてください

二月から見えて来た景色。。。

2020.01.27.14:35

こんにちは、M.Sです。
ここから地獄がはじまります。。。。。。。
脅しのように聞こえるかも知れませんが、これが現実なので覚悟してください。

2月からは学生さんも春休みになり、勉強時間が確保しやすくなるかと思います。
ここからの時期は新卒・既卒問わずみなさん8~12時間ほど勉強することになるでしょう。
逆に言うとこれくらいしない人は落ちます!確実に落ちます!絶対落ちます!
そうならないためにも勉強しましょう!
なかなか集中できない日もあるかもしれませんが、気合です

2月~4月で結構差が付くかと思います。
そこでだれずに着実に出来る人は結果も付いてきて、合格しますし
そこでだれちゃう人は妥当に落ちます!全落ちすらします。

こんなに落ちる落ちるばっか言ってすみませんね。
安心してください、ちゃんとやれば普通に受かります。
努力は必ずしも報われるとは限りませんが、勉強は必ず報われます。

ちなみに僕は去年、気づかぬ内にプレッシャーを感じてたみたいで、毎日胃薬飲んでたりして体調が最悪でした。
これはみんな言いますが、体調管理には細心の注意を払いましょう。
特によく自習室に行く人は誰にうつされるか分からないので手洗いうがいは必須ですよ!
体調悪いと勉強も出来ませんし、メンタルもやられます。
ぼくの不幸中の幸いは比較的ポジティブな方だったので大丈夫でしたが、ネガティブな人はメンタル面にも注意しましょう。特にすぐ病む女子は!!!
ネガティブな人、病みやすい人は、ぜひぼくのブースへお越し下さい。
ぼろくそ言ってやりますよ。ウソです。
思考回路変えてみせます!なんかよくわかんない自信をつけさせます!

特に既卒者で周りに公務員を目指している友人がいない人とかは、孤独なんで要注意です。
人と話すことを心掛けましょう。

ではまた次回、乞うご期待!

~2月のM.Sの相談日~
1日 12:00~17:00
6日 15:00~20:30
7日 12:00~17:30
8日 12:00~16:30
9日 12:00~1630
10日 12:00~16:30
12日 12:00~17:30
13日 12:00~17:30
14日 16:00~21:30
16日 12:00~17:30
17日 16:00~21:30
21日 12:00~17:30
25日 14:00~18:30
28日 12:00~14:00

この時期からの特別区へ向けた勉強法

2020.01.20.12:22

皆さん、おはようございます!こんにちは!こんばんは!
合格者アドバイザーのM.Sです(*^_^*)

年が明けて、いよいよみなさん焦り始めるころかなと思いますので、
今回は、僕のこの時期からの特別区に向けた勉強法スケジュールを紹介します

僕は第一志望が特別区だったので、特別区試験に向けて勉強を行っていました。
しかーし
他にも受けたところからは筆記合格は頂いているので、
特別区が第一志望でない方も、参考にして頂ければうれしいです

では試験を乗り切るために、月ごとに行っていたことについて書いていきたいと思います!

と、、、その前に!!
一応、去年のこの時期までに、受講や何週かQMを終えていた科目を紹介しておきます。
憲法(3周)、民法Ⅰ・Ⅱ(3周)、行政法(3周)、ミクロ・マクロ(0周)、数的(3周)、政治学(2周)、行政学<2周>社会学<2周>

こんな感じでした!さてさて!では、本題です

◆1月
・数的は毎日!!!
 起きてから、毎朝10問程解くようにしていました。これは6月までずっとです。
 →法律については復習&演習
 →経済については担任HRに参加し、理解度を高めつつの演習
教養記述対策道場の受講開始
・教養科目(物理、化学、生物、地学)+QM1周
・専門科目(政治学、行政学、社会学)の受講+QM3周
・気になるアドバイザーイベントに参加
・第2回トライアル模試を受験

この月は大学の定期試験対策も並行して行わなければならなかったので、
振り返ると勉強少なめかな?と思います。もっと未受講科目等を進められると思うので、出来る方はどんどんやっちゃいましょう!
◆2月
・数的は毎日(私は2月から特別区の過去問を解いていました。)
・引き続き、教養記述対策道場で論文の練習(添削してもらったものの再校正も)
・教養科目(物理、化学、生物、地学)+QM2周
・教養科目(日本史、世界史、地理、思想)+QM1周
・専門科目(社会学、財政学、経営学)+QM1周
・気になるアドバイザーイベントに参加
・第1回地上・国家一般職択一公開模試を受験
・時事のWEB授業を受講

2月末までにひと通り受講&QM1周を終えられたので、
3月からは問題集をひたすら回すという作業(以下参照)に入っていくことが出来ました!


◆3月
・数的過去問14年分
・気になるアドバイザーイベントに参加
・特別区模試を受験
・23区合同説明会に参加

◆4月
・数的過去問14年分
・ひたすら問題集を回す
特別区の過去問を解き始める(本番と同じような流れで、教養→専門→教養論文という流れで)
・国家一般職択一記述模試を受験


◆5月
・資料解釈の神になる
・一心不乱に問題集を回す(緊張感はピーク)
・特別区の過去問【5年分】を解く
 →最終的に13年分を3回やりました。
・論文を何も見ずに音読できるようになる。
★特別区本試験★


以上このような流れで、5月の1週目の本試験を迎えました。

特別区の試験後も、併願先、第一志望問わず試験が続く方が多いと思います。
そんな方は特別区試験後の6月は、地方上級や国家一般職の対策に時間を使うと良いでしょう!

また、特別区は、専門中心に勉強していくことをオススメします。
特に、学系科目は暗記で知識を入れることができるので、得点源になります!!



ぜひぜひ参考にしてみて下さいね!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


では、今日もがんばっていきましょう

捨て科目?ちょっと待った!!

2019.12.20.18:47

こんにちは。アドバイザーのM.Sです。

今日はみなさんがそろそろ気になってくるであろう捨て科目についてです。
勉強が思うように進まなかったり、授業を受けても何を言っているかわからない状況だと、「こんな科目すててやるわ!!!!!」ってなりがちですよね?
わたしも、数的処理の図形問題や化学,物理などは受講した段階で(科目によっては受講すらせずに)捨ててやろうと決めていました。
しかーし、よく考えてみてください。みなさんが勉強を本格的にやり始める時期ってまだなんじゃないでしょうか。なんとなく受けてみてわからないから手を付けなくなるにはまだ早すぎるんです。
社会人で働きながらの試験を考えている人は仕方ありませんが、そうじゃない人はこれから勉強する時間が増える人がほとんどだと思います。それなのにこの段階で捨て科目を作ってしまうのは得点できる科目をミスミス捨ててしまうことと同じなんです。

でも、わからないものはわからないよ。って言う人!
時間に余裕があるならもう一度講義を見てみてください。前と違う先生の講義を受けると急に理解できることもあります!
そんな時間ねーよ!っていう人は、とりあえずQMを解きまくってください。公務員試験のほとんどの問題は暗記で解けます。なので苦手意識を消し去って「覚えれば解ける!」と思いながらQMを解きまくってください。
極論を言えば、QMを丸暗記できればたいていの科目は得点できます。

こんなのむちゃくちゃだと思う人もいるかもしれませんが、私は化学や物理、数的の図形を暗記することで最後まで理解していなくてもある程度得点できるようになりました。
この得点がなければ筆記試験を通過できなかったかもしれません。

みなさんも最後の1点で泣くことがないように、出来る限り捨て科目をつくらないように勉強してください。

また、捨て科目ではなく科目の中で捨て分野を作るという方法もあります。
公務員試験には試験種によって傾向があるので、頻出の問題は抑えつつあまり出ていない範囲は捨ててしまうのは有りだと思います。
しかし、突然前年までの傾向とまったく違う問題が出てくる可能性もあるので、その辺のリスクヘッジも考えつつ頑張ってください。
プロフィール

LEC水道橋

Author:LEC水道橋
FC2ブログへようこそ!このページでは、公務員試験の情報や水道橋本校で行われるイベント等を掲載していきます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR